当分の間G1の過去データ&予想はこちらのブログで行います

2021年10月2週の競馬結果及び重賞レースまとめ

2021年10月2週

先週の中央競馬の土日開催では、『サウジアラビアRC』『毎日王冠』『京都大賞典』と計3鞍の重賞レースが行われました。

2歳重賞のサウジアラビアRCでは今後飛躍しそうな馬、そして古馬重賞の毎日王冠と京都大賞典ではこの後行われる古馬G1に向けての狙いの馬を選別するためにはとても重要なレースとなりました。

そこで、この記事ではこれらの競馬結果をまとめて、今後の狙いの馬の判断材料にしたいと思います。

2021年10月2週の競馬結果

先週の中央競馬で行われた競馬(重賞)レースとその結果については、各重賞別にまとめていきますね。

サウジアラビアロイヤルカップ2021の結果

2021年10月9日(土)に東京競馬場で行われたサウジアラビアRCの結果は下記の通りです。

1着 6枠6番 コマンドライン(1番人気)

(先行・4ヶ月・関東・新馬・1人気1着)

 

2着 3枠3番 ステルナティーア(2番人気)

(先行・中8週・関東・新馬・1人気1着)

 

3着 1枠1番 スタニングローズ(3番人気)

(差し・中5週・関西・新潟2歳・5人気5着)

 

サウジアラビアRC2021の配当
単勝 6番 220円
馬連 3-6 190円
3連複 1-3-6 190円

ぽんちゃん印では、◎○▲でパーフェクトでした。とはいえ、1番人気・2番人気・3番人気で決まったので、かなり順当な結果と言えます。

 

勝ったコマンドラインは最後の直線で2着に入ったステルナティーアに迫られるも最後まで抜かせなかったので勝負根性はありそうですね。父ディープインパクトなので次走はホープフルSでしょうか?

2着のステルナティーアは最後コマンドラインに迫りましたが2着まで。逆に3着のスタニングローズはスローペースの中で最後はステルナティーアに迫っているので距離延長で逆転があるかも。

ちなみに、4着のウマギノボリはスタートで2馬身くらい出遅れたので、スタートでスムーズに出ていれば馬券圏内に入っていたかもしれませんね。タラればですけど。

毎日王冠2021の結果

2021年10月10日(日)に東京競馬場行われた毎日王冠の結果は下記の通りです。

1着 1枠1番 シュネルマイスター(1番人気)

(追込・4ヶ月・関東・安田記念・4人気3着)

 

2着 5枠7番 ダノンキングリー(2番人気)

(差し・4ヶ月・関東・安田記念・8人気1着)

 

3着 4枠5番 ポタジェ(4番人気)

(先行・5ヶ月・関西・新潟大賞典・1人気2着)

 

毎日王冠2021の配当
単勝 1番 260円
馬連 1-7 350円
3連複 1-5-7 910円

ぽんちゃん印では、◎○△でほぼ人気通りの決着でした。1番人気・2番人気・4番人気の決着なので、ほぼ人気通りと言えますね。

 

1着のシュネルマイスターは道中ダノンキングリーが仕掛けて行っても我関せずで終始後方からレースを進め、スローペースで先行有利の馬場にも関わらず4角で後方2番手から追い込んでゴール前できっちりダノンキングリーを交わしました。

上がり3ハロン33.0秒はメンバー中最速であり、ここから安田記念馬ダノンキングリーを差すのですから、春からさらに成長している感じですね。次走は天皇賞秋かも知れませんが、好勝負必至ですね。

 

2着ダノンキングリーはスタートで約1馬身の出遅れが無ければという着差でした。道中スローペースを見越して川田騎手が動いており、最後ゴール前でシュネルマイスターに差されましたが、改めて能力があるなと思いました。

3着ポタジェは道中4番手でレースを進めて、最後の直線でもしぶとく粘っての3着入線。切れる脚はありませんが、バテない強みがあるので先行抜け出しが合っているのかもしれませんね。

京都大賞典2021の結果

2021年10月10日(日)に阪神競馬場行われた京都大賞典の結果は下記の通りです。

1着 5枠8番 マカヒキ(9番人気)

(差し・5ヶ月半・関西・天皇賞春・12人気8着)

 

2着 6枠9番 アリストテレス(1番人気)

(先行・3ヶ月半・関西・宝塚記念・4人気9着)

 

3着 7枠11番 キセキ(4番人気)

(先行・3ヶ月半・関西・宝塚記念・5人気5着)

 

京都大賞典2021の配当
単勝 8番 3,210円
馬連 8-9 10,900円
3連複 8-9-11 18,940円

ぽんちゃん印では、無印◎▲でした。ここでまさか8歳のマカヒキが突っ込んでくるとは予想外でした。道中も3~4コーナーで押っつけ通しでしたが、直線の坂を上ってからは鋭い差し脚で先行2頭を交わし去りました。ダービー馬ここに復活ですかね。

直線残り100mではアリストテレスとキセキで決まるかと思いましたが、マカヒキの決め手に屈した格好になりました。4角時点でアリストテレスは1~3着馬の中では一番手ごたえが楽でしたが、追ってからの味が無いですね。

3着のキセキは以前よりズブくなっている印象で、今回も逃げられず3~4コーナーではマカヒキと同様に押っつけ通しでしたが、バテない強みを発揮しての3着でした。ただ、今回3番手追走から3着に粘っているので、今後もこういう競馬が出来ればどこかで勝つチャンスがありそうです。

今週のまとめ

2021年10月2週の競馬結果
●サウジアラビアRCの1~3着馬は朝日杯&ホープフルSの有力馬になりそう
●シュネルマイスター&ダノンキングリーは天皇賞秋の有力馬
●マカヒキはジャパンCで穴馬候補か?(パンパンの良馬場が条件)
●キセキは先行抜け出しの戦法で活路あり