当分の間G1の過去データ&予想はこちらのブログで行います

毎日王冠2022過去データからの分析

東京スポーツ杯2歳ステークス2022過去データからの分析

本日東京競馬場では第73回毎日王冠(G2)が行われます。この毎日王冠は天皇賞秋のステップレースとなっており、毎日王冠1着馬には天皇賞秋への優先出走権が与えられます。

そして、今年の出走馬を見てみるとサリオス、ダノンザキッド、レイパパレ、ポタジェと4頭のG1馬がおり、ちょっと混戦模様の感じとなっていますが、果たして結果はどうなりますか?

毎日王冠の過去10年間のデータ

ここからは、毎日王冠の過去10年間における各種データを分析した結果について解説していきます。

当日1番人気

過去10年間で1番人気の成績は7-0-0-3となっており、勝つか4着以下に敗れるかのどちらかになっています。

現時点での1番人気はサリオスですが、レイパパレとそれ程オッズ差がないため、ちょっと微妙ですね。

前走1~5番人気以内

過去10年間で3着以内に入った馬30頭中、前走で1~5番人気以内に支持されていた馬はのべ21頭となっています。

また、過去10年間ではこの21頭で10勝全てを挙げているため、前走で6番人気以下に敗れていた馬は2着が精一杯となっています。

前走1~5着以内

過去10年間で3着以内に入った馬30頭中、前走で1~5着以内に入っていた馬はのべ23頭となっています。

前走着差は0.9秒以内

過去10年間で3着以内に入った馬全30頭中、前走で勝っているか、または負けても勝ち馬から0.9秒以内だった馬が27頭と大半を占めています。

そのため、前走で1.0秒以上離されて負けていた馬には厳しいレースとなっています。

毎日王冠のデータまとめ

毎日王冠2022における過去データを分析した結果、好走する条件は主に下記の通りとなっています。

毎日王冠2022
●当日1番人気
●前走1~5番人気以内
●前走1~5着以内
●前走着差は0.9秒以内

これらの好走条件を踏まえてぽんちゃんの勝手きままな印は下記の通りです。(枠順発表後に掲載)

◎サリオス
〇ダノンザキッド
▲ノースブリッジ
△レイパパレ
△ジャスティンカフェ
穴ポタジェ

毎日王冠2022の結果

1着 ◎サリオス
2着 △ジャスティンカフェ
3着 〇ダノンザキッド

単勝 3 300円
馬連 3-9 970円
3連複 3-4-9 2,110円