当分の間G1の過去データ&予想はこちらのブログで行います

日刊スポーツ賞シンザン記念2022過去データからの分析

日刊スポーツ賞シンザン記念2022過去データからの分析

今週の日曜日、中京競馬場11Rにて第56回日刊スポーツ賞シンザン記念(G3)が行われます。このシンザン記念は3歳馬の登竜門的なレースとなっており、クラシックに参戦するためには獲得賞金が足りない、今後はマイル戦線で活躍したいなど、各方面から3歳馬が参戦してきます。

また、過去にはオルフェーブルやジェンティルドンナ、アーモンドアイなどの名馬も勝った事があるレースとなっているため、ある意味出世レースとも言えますね。

そのため、このシンザン記念では各馬の力関係の比較や距離適性などがとても重要になってきます。そこで、この記事ではシンザン2022の過去10年間のデータを元にした分析結果を記載します。

シンザン記念の過去10年間のデータ

ここからは、シンザン記念の過去10年間における各種データを分析した結果について解説していきます。

5枠以外の枠が狙い目

過去10年間で、5枠に入った馬が計18頭出走して1着が1回のみと、他の枠と比べかなり成績が悪くなっています。

当日2番人気が狙い目も

当日1番人気は(3.0.1.6)、2番人気は(3.2.2.3)と当日2番人気が狙い目も、当日11番人気まで馬券に絡んでいるため、当日2番人気馬を軸に相手は手広くが良さそう。

シンザンの過去10年間の前走データ

ここからは、シンザン2022において、前走の各種データ別から見えてきた傾向について解説していきます。(過去データは当該レースで1~3着に入った馬のみで集計)

前走G1&G3は当日5番人気以内

全30頭中9頭が該当しており、9頭全てが当日5番人気以内に支持されています。

前走1勝クラスは前走5着以内

11頭が該当しており、11頭中10頭が前走5着以内に入っています。1勝クラスとはいえ6着以下に敗れている馬の出番は無さそうです。

前走未勝利は1番人気

5頭が該当しており、5頭中4頭が前走で1番人気となっています。未勝利戦では人気で勝利している事が条件になります。(残り1頭は前走5番人気1着)

前走新馬は2番人気以内

3頭が該当しており、3頭全てが前走で2番人気以内となっています。未勝利戦と同じく新馬戦でも人気で勝利している事が必須と言えます。

前走1~2番人気を軸に5番人気以下に流す

前走で1~2番人気だった馬が全30頭中15頭おり、過去10年間で8勝を挙げています。一方で前走5番人気以下だった馬も14頭いる事から、前走1~2番人気の馬から前走下位人気馬へ流すと良さそうです。

前走は1~5着以内

前走で1~5着に入っている馬が全30頭中23頭を占めています。一方で前走10着以下に敗れている馬は1頭のみとなっているため、前走で10着以下に大敗している馬の出番は無さそうです。

前走距離は1,600m

前走の距離別では、1,600mが全30頭中23頭を占めています。やはり、シンザン記念が芝1,600mという事もあり、前走でも同じ1,600mを走っている馬が優勢となっています。

シンザン記念のデータまとめ

シンザン記念2022における過去データを分析した結果、好走する条件は主に下記の通りとなっています。

シンザン記念2022
●5枠は不利
●当日2番人気が狙い目も下位人気馬にもチャンスあり
●前走G1&G3組は当日5番人気以内
●前走1勝組は前走で5着位以内
●前走未勝利組は前走1番人気
●前走新馬組は前走2番人気以内
●前走1~2番人気馬から下位人気馬へ
●前走1~5着以内
●前走距離は1,600m

前走G1&G3で走っていた馬

⦿スプリットザシー(朝日杯F)
⦿ビーアストニッシド(京都2歳S)

前走1勝クラスで5着以内

⦿ウナギノボリ(こうやまき賞→2着)
⦿サウンドビバーチェ(白菊賞→2着)
⦿ジャカランダ(万両賞→5着)
⦿ソリタリオ(こうやまき賞→1着)
⦿マテンロウオリオン(万両賞→1着)

前走新馬で2番人気以内だった馬

⦿モズゴールドバレル
⦿ラスール

 

これらの好走条件を踏まえてぽんちゃんの勝手きままな印は下記の通りです。(枠順発表後に掲載)

◎ソリタリオ
〇ラスール
▲カワキタレブリー
△マテンロウオリオン
△ビーアストニッシド
穴ウナギノボリ

シンザン記念2021の結果

1着 △マテンロウオリオン
2着 ◎ソリタリオ
3着 無レッドベルアーム

単勝 10 1,020円
馬連 3-10 2,020円
3連複 3-9-10 3,680円

シンザン記念は4番人気の△マテンロウオリオンが道中先団に付けて最後の直線で抜け出して勝ちました。前走の豪脚とは打って変わって今回は先行抜け出しで勝ったので、どんなレースも出来そうですね。

2着の◎ソリタリオは道中ちょっと折り合いを欠いているところがあっての2着。力のあるところを見せました。

そして、1番人気の〇ラスールですが、道中折り合いを欠き過ぎですね。これでは、いくらルメールがベタ褒めしていても勝てません。精神面の成長が鍵になりそうです。