当分の間G1の過去データ&予想はこちらのブログで行います

日刊スポーツ賞シンザン記念2023過去データからの分析

日経新春杯2023過去データからの分析

今週の日曜日、中京競馬場では第57回シンザン記念(G3、芝1,600m)が行われます。

このシンザン記念は、明け3歳馬のマイル重賞となっており、過去にはジェンティルドンナやアーモンドアイという2頭の女傑を輩出しているレースでもあります。

果たして、今年の出走馬の中に、今後の活躍が期待できる馬がいるのか?興味がありますね。

シンザン記念の過去10年間のデータ

ここからは、シンザン記念の過去10年間における各種データを分析した結果について解説していきます。

当日2番人気

過去10年間で当日2番人気馬の成績は2-3-2-3と勝率20.0%、複勝率は70.0%となっています。

そのため、3連複の軸馬には当日2番人気が向いていると言えます。

前走新馬&未勝利は前走2番人気以内

過去10年間で3着以内に入った馬30頭中、前走が新馬&未勝利クラスだった馬はのべ7頭となっており、うち6頭が前走2番人気以内に支持されていました。

前走1勝クラスは前走5着以内

過去10年間で3着以内に入った馬30頭中、前走で1勝クラスに出走していた馬はのべ11頭となっており、11頭全てが前走の1勝クラスで5着以内に入っていました。

シンザン記念のデータまとめ

シンザン記念2023における過去データを分析した結果、好走する条件は主に下記の通りとなっています。

シンザン記念2023
●当日2番人気
●前走新馬&未勝利は前走2番人気以内
●前走1勝クラスは前走5着以内

これらの好走条件を踏まえてぽんちゃんの勝手きままな印は下記の通りです。(枠順発表後に掲載)

◎ライトクオンタム
〇クファシル
▲トーホウガレオン
△サンライズピース
△ペースセッティング
穴スズカダブル